一時抹消登録で廃車手数料を減らそう

一時抹消登録で廃車手数料を減らそう

廃車にするからと、車検が過ぎてしまった車をそのまま所有しておく場合、ナンバーをそのままつけておくと、乗らないのに毎年自動車税を払うことになります。

 

一時的に車乗らない、または、廃車買い取り業者でスクラップにして廃車にする場合には、お近くの陸運局で一時抹消登録を行っておきましょう。

 

自分で一時抹消登録をしておくことで、廃車買取業者に車を引き取ってもらう時に、一時抹消登録代行手数料の費用等を安く抑えることも出来ます。

 

 

 

私の場合は、廃車する車は業者に引き取ってもらおうと思っていましたので、すでに一時抹消登録届けを出して、ナンバーを返却していたおかげで、この部分の手数料は掛かりませんでした。

 

だいたい、この一時抹消登録代行手数料は、廃車買取業者に依頼すると5000円前後掛かります。

 

しかし、一時抹消登録については必要書類を持っていけば陸運局で自分で行うことも出来ますので、少しでも手数料を安くしたいという方は、一時抹消登録も自分で行ってしまうのも良いと思います。※抹消登録の手続きに掛かる費用は、、印紙代その他の書類等含めは、たしか1000円で普通におつりがきたと思います。

 

※ネットで調べてみると、自分で一時抹消登録の手続き費用は350円だそうです。陸運局が近くにある場合は、交通費等も考えても自分でやったほうが良いですね。※詳しい金額についてはお近くの陸運局のHPでご確認ください。

 

ただ、一時抹消登録をしてしまうと、その愛車で公道を走ることができなくなりますので、気をつけましょう。

 

愛車を直接買い取り業者に運んで引き渡す場合は。一時抹消登録をしてしまうと、公道を走れず、牽引することになり、引取り費用が別途かかる場合もありますので、その点は注意しましょう。

 

一時抹消登録は、陸運局に慣れていれば、手続き自体は10〜15分位です。

 

私は、比較的空いているという午前中に陸運局に行きましたが、手続きと待ち時間を含め30分くらいで終わってしまって、拍子抜けしたのを記憶しています。

 

慣れていなくても、窓口で教えてもらえますので、手続きに必要なもの(ナンバー)だけ確認して行きましょう。事前に陸運局に電話で必要書類など確認しておくと間違いがないです。

 

>>あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。