廃車諸経費費用(手続き、引き取り)を減らそう

廃車諸経費費用(手続き、引き取り)を減らそう

 

インターネットで廃車の買取を利用してみてわかったのですが、愛車を廃車にする場合には、一般的には車両の査定価格とは別に廃車費用(永久抹消登録代理手数料、ナンバー返却、引取陸送手配料金、リサイクル料金等(未払いの場合))が掛かります。

 

そのため、愛車の査定価格から廃車手続きの代行手数料、引取り手配費用などの廃車に掛かる諸経費を相殺した金額が、あなたが受け取れるお金になります。

 

※例

 

10000円 (車本体の査定価格) - 15000円 (廃車手続き諸経費) = -5000円 (自己負担 有料)

 

車本体の査定価格以上に廃車の諸経費が掛かってしまうと、上記のようにマイナスになってしまいます。

 

すべての業者ではないですが、廃車にかかる諸経費の相場はだいたい1万円前後です。

 

ちなみにテレビCMでおなじみのガリバー廃車見積サービス はこの廃車手続き、引取り費用がすべてコミコミで9800円でした。

 

少しお金が掛かっても、廃車作業に時間を使いたくない、すべて任せてしまいたいという場合には、ガリバーの廃車サービスを利用するのが大手で安心できますしおすすめだと思います。

 

 

手元に残るお金を増やそう!

 

 

実は、この諸経費の部分を浮かすことができれば買取価格(手元に残る金額)をさらに増やす事ができます。

 

特に、車本体の査定価格があまり見込めない場合(私のように古い車(旧型車)や不人気車)は、査定額が減るならならまだしもお金を払って車を引き取ってもらうことになりかねませんので、この諸経費も出来るだけ妥協せずに考えてみましょう。

 

自分で減らせる部分としては、引き取り費用(陸送費用)一時抹消登録手数料が挙げられます。

 

 

この部分ですが、買取業者によっては、自分で行えば査定価格から差し引いてくれるところもありますので、少しでも安くしたい場合は、交渉してみて削れるようでしたら自分で行うようにしましょう。

 

一番簡単なところで、引き取り費用がありますが、自分で買取業者の場所まで持っていくことで、4000〜15000円程度割安にしてくれる場合があります。

 

廃車する車が動く場合、もしくは動かないけど他の車を使って牽引して持っていける場合はぜひ考えて見ましょう。

 

 

カービューは引き取り費用が無料!?

 

ちなみに私の場合は、カービューに頼んだら引き取り費用がたまたま掛からなかったのでこの部分は無料になりました。

 

しかし、カービューよりも他の業者の方が車本体の査定価格が上の場合というケースも乗っている車の状況によってはあると思います。その場合に、他の業者で引き取り費用が掛かる場合には、交渉して自分で行うことで安くすることができる可能性があります。

 

ちなみに東京にある廃車買取専門店のビッグエイトは、陸送費用が15000円掛かるために、結局私は見送ることになりましたが、自分で運ぶことができれば浮かせられる金額です。

 

15000円という金額は結構大きいお金だと思いますので、東京近郊に住んでいて、ビッグエイトまで車を運べそうな方はカービューと同じくこちらも一度見積もり査定を取ってみる価値はあると思います。

 

>>あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。